■南高梅の歴史■


南高梅の生みの親当園創始者「小山貞一」

●高田梅の発見●

明治35年、南部川村(現みなべ町)晩稲(おしね)の高田貞楠氏が所有していた家近くの桑畑を梅に改植したいと思い内中梅の実生60本を購入し裁植しました。
その60本の中の1本が特に豊産で美しい紅をかけているのを知ります。
その1本が「南高梅」の母樹となる「高田梅」の誕生です。
右写真「高田貞楠氏」



「樹齢100年近い南高梅の原木」

●南高梅の誕生●

昭和6年、当園創始者小山貞一(ていいち)が高田貞楠氏より高田梅の穂木60本を譲り受け、
研究を重ね高田梅の育成に努力します。
最初の頃は譲り受けた穂木の半分も育たない程苦労します。
苦労・研究を重ね梅畑を広げて行きました。
その後も研究を重ね、「南高梅」の基盤を作っていきます。



●梅優良母樹調査選定委員会の発足●

昭和25年、梅の優良品種を統一して、市場の安定を図るため、この地に適した梅を見つけようと「梅優良母樹調査選定委員会」が設立され、当園創始者小山貞一も選定委員に選ばれました。
審査の結果、高田梅が最優秀品種に選ばれました。



写真左より「小山貞一」「県試験場長」「高田氏」「竹中勝太郎氏」

●種苗名称登録の出願●

昭和38年、選定委員会で最優秀に選ばれた梅「高田梅」は申請者・高田貞楠の名前で種苗名称登録を出願し、昭和40年10月29日、登録第184号の名称登録が農林大臣により許可されました。
高田貞楠氏が発見し、その後研究を重ねた当園創始者小山貞一により作られた高田梅は
その後竹中勝太郎氏により、昭和40年「南高」と名前を変え今現在の「南高梅」が誕生しました。


 
●小山貞一 「梅の心」●
 


梅つくりの先生は、梅の木自身にある。
南高梅の性格を知りつくす勉強こそ、私共の一生の勉強だ。
畑に一歩入れば、経営主の人柄と成・不成功がわかる。
梅の心と、経営主が一体になった時、人生最高の幸福が来る。
                    平成七年二月十一日 小山貞一


小山農園では、南高梅の育ての親当園創始者「小山貞一」の教えを守り
皆様によりよい梅干しをお届けできるよう日々努力し梅干し作りをしています。
毎日の健康は一粒の梅干しから・・・
梅干しで日々の健康作りを始めてみませんか?

梅干し商品一覧

知らないと損する梅干情報

小山農園からのご挨拶

小山豊宏

今年もおいしい梅干ができました。 梅の本場紀州みなべより産地直送で全国にお届けいたします。 ご自宅用から贈り物まで・・・様々な用途に合わせた梅干を 取り揃えお待ちしております。 南高梅の生みの親「小山貞一」の教えを受け継ぎ伝統の梅干し作りを続けます。 社長のつぶやきTwitterやってます!フォロー頂けると社長が喜びます。