カート
ユーザー
絞り込む
カテゴリー
グループ
コンテンツ
  • ホーム
  • 梅干を使ったうめレシピ
●UME-HOUBAIとろろの豚磯部揚げ


UMEーHOUBAI ・・・ 4個
豚こま肉 ・・・ 200グラム
青海苔 ・・・ 小さじ1
小麦粉 ・・・ 大さじ4
水 ・・・ 大さじ4
長芋 ・・・ 100グラム
卵黄 ・・・ 1個
花カツオ ・・・ 大さじ2
大葉 4枚
1.豚こま肉は一口大に切り、分量外の酒と塩をふります。
2.ボウルに小麦粉、水、青のりを入れ、サクッと混ぜます。
3.分量外の小麦粉を塗した豚こま肉に「2」にくぐらせ、180度のサラダ油で揚げ色が付くまで揚げます。
4.ボウルに包丁でたたいた豊梅漬、すり下ろした長芋、青のり、卵黄を混ぜます。
5.器に大葉をひき、揚げた豚こま肉を器に盛り付け、「4」をかけます。
6.花カツオを上からふわっとのせます。
【レシピ紹介】
●小山農園自慢の「豊梅漬」を使ったご飯がススム一品です。
●梅干しはとろろと相乗効果で胃もたれや胸やけを抑える効果が期待できます。
●お好みで醤油やめんつゆをかけてお召し上がりください。


●鶏とキノコのUMEーKARASHIパルミジャーノ風

UME-KARASHI ・・・ 4個
鶏もも肉 ・・・ 200グラム
エリンギ ・・・ 80グラム
パルメザンチーズ ・・・ 大さじ1
砂糖 ・・・ 小さじ2
酒 ・・・ 大さじ1
1.スジ切りした鶏もも肉を一口大に切り、分量外のひとつまみの塩と大さじ1の酒をふる。
2.エリンギは手で裂いて3センチの長さに切ります。
3.フライパンに分量外の大さじ1/2のサラダ油をひき、鶏もも肉とエリンギを焼き色がつくまで焼きます。
4.別の鍋に包丁で叩いたUME-KARASHIとパルメザンチーズ、砂糖、酒を入れて軽く沸かします。
5.焼いた鶏もも肉とエリンギを器に盛り付け、小皿に入れた「4」を添えます。
【レシピ紹介】
●シンプルに焼いた鶏肉ときのこに、ピリリと辛いUME-KARASHIとパルメザンチーズを合わせたパルミジャーノ風ダレをつけたお酒にあうおつまみです。
●チーズはアルコールの分解を助け、梅干しは胃の粘膜を保護する二日酔い防止に効果が期待できます。
●パルミジャーノ風ダレはお好みの量をつけてお召しあがりください。


18cm×18cmの底の抜けるスクエア型1台分)
●梅を使ったチーズケーキレシピ (UME-BOSHI de fromage)


<ビスケット台>
ビスケット ・・・ 65g
無塩バター ・・・ 30g
<生地>
UME-BOSHI(SWEET) ・・・ 3粒
クリームチーズ ・・・ 200g
卵 ・・・ 2個
砂糖 ・・・ 30g
生クリーム ・・・ 100ml
レモン汁 ・・・ 大さじ1
薄力粉 ・・・ 15g
【下準備】
1.クリームチーズは常温に戻しておく。
2.UME-BOSHIは種を取り除き包丁で叩いておく。
3.薄力粉はふるっておく。
4.型にバター(分量外)を塗っておく。
【作り方】
1.ビスケット台を作る。ビスケットをポリ袋などの袋に入れ手で粗く砕き、ボウルに移してめん棒でさらに細かくする。バターをレンジで温
めて溶かし、ビスケットに混ぜて馴染ませる。型に敷き詰めて平らにならし、冷蔵庫で30分冷やす。
2.クリームチーズと砂糖をボウルに入れ泡立て器でよく練る。なめらかになったら卵→生クリーム→レモン汁→UME-BOSHI→薄力粉を
加え、その都度よく混ぜる。
3.「1」の型を冷蔵庫から出し、「2」の生地を流し入れ、テーブルなど平らなところに底を数回当てて空気を抜く。180℃に温めたオーブンで約35分焼く。
4.竹串で刺して何も付いてこなければ焼き上がり。粗熱をとり、冷蔵庫で3時間以上冷やす。
5.型から丁寧に外し、食べやすい大きさに切って、皿に盛り付けて出来上がり(^^)
【レシピ紹介】
●チーズと梅干しは共通点の多い組み合わせ。梅干しの塩気と酸味がチーズケーキにほどよく馴染みます。
●生クリームと甘さを抑えて、ベイクドチーズケーキをさっぱり軽めの食感に仕上げています。


●うめチョコレートケーキレシピ ☆UME-BOSHI de chocolat☆

UME-BOSHI(SWEET) ・・・ 2粒
クーベルチュールチョコレート(製菓用スイートチョコレート) ・・・ 100g
オイル(サラダ油など) ・・・ 60ml
卵 ・・・ 2個
砂糖 ・・・ 40g
薄力粉 ・・・ 20g
ブランデー ・・・ 大さじ2
【下準備】
1.パウンド型にクッキングペーパーを敷く。オーブンを180℃に温めておく。
【レシピ】
1.UME-BOSHIは種を取り除き、包丁で叩いてペースト状にする。チョコレートは板状なら溶けやすいように包丁で細かくし、ボウルに入
れ湯煎で溶かす。卵は別のボウルに割りほぐしておく。
2.チョコレートが溶けたらオイルを少しずつ加え、ゴムべらで馴染ませながら混ぜる。
3.泡立て器に持ち替え、2に1で溶いておいた卵を少しずつ入れて混ぜる。馴染んだら砂糖、ブランデー、UME-BOSHIの順で加え混ぜ、薄力粉をふるい入れさらに混ぜる。
4.生地がなめらかになったらパウンド型に流し入れ、ゴムべらで表面を整え、底をテーブルに何回か当てて空気を抜く。180℃のオーブンで30分ほど焼く。
5.竹串で刺してみて何も付いて来なければ焼き上がり。ペーパーごと型から取り出し、粗熱をとる。※取り出す際は火傷に注意してください。
【レシピ紹介】
●チョコレート×梅干し。意外かも知れませんが相性の良い組み合わせです。
●甘さ控えめ、ビターなチョコレートに梅干しの酸味がアクセント。大人の味わいに仕上げてみました。
●ブランデーの量はお好みで減らしてください。
●粗熱が取れてすぐはしっとり軽め、時間が経って生地が落ち着くとずっしり濃厚な味わいです。


今回梅干しを使ったレシピは野菜ソムリエ吉野健一さんに考案して頂きました。野菜ソムリエ吉野さんは和歌山県田辺市にて食堂を営業していらっしゃいます。
野菜ソムリエの定休日食堂 健〜Sukoyaka〜