カート
ユーザー
絞り込む
カテゴリー
グループ
コンテンツ
  • ホーム
  • 世界農業遺産「みなべ・田辺の梅システム」 
Globally Important Aguricultural Heriteges System
Minabe-Tanabe UME SYSTEM
世界農業遺産「みなべ・田辺の梅システム」とは
 

養分に乏しく礫質で崩れやすい斜面を利用して薪炭林を残しつつ梅林を配置し、400年にわたり高品質な梅を持続的
に生産してきた農業システムです。

人々は、里山の斜面を利用し、その周辺に、薪炭林を残すことで、水源涵養※や 崩落防止等の機能を持たせ、薪炭林
に住むニホンミツバチを利用した梅の受粉、長い梅栽培の中で培われた遺伝子資源、薪炭林のウバメガシを活用した
製炭な ど、地域の資源を有効に活用して、梅を中心とした農業を行い、生活を支えてきました。また、人々のそうした
活動は、生物多様性、独特の景観、農文化を育ん できました。(みなべ町役場HPより抜粋)

小山農園は、世界農業遺産「みなべ・田辺の梅システム」を応援しています。
世界農業遺産「みなべ・田辺の梅システム」のロゴを使用した商品づくりもしています。